July 13, 2017

支援センターデビュー

さて、マルチに色々な業界にデビューおります。

託児所に続いては、支援センター。

image

※写真は関係ありません。最近習得したセルフ給油。



こんな至れり尽くせりの施設があるんですね!!

新潟市が委託運営している、子育て支援センター。
中央区だけで、8箇所もある。

新潟市の子育て支援センター情報はこちら


子育て支援センターとは、保護者同伴で
未就学児が誰でも無料で利用できるオープンな遊び場。

施設によっては、曜日毎に対象年齢を区切ったり
(月曜日は赤ちゃん、火曜日は1歳半以上、とか)
それぞれ特徴はあるのですが、

家に二人っきりで煮詰まりがちな現代の育児を
改善してママたちを助け交流の場を増やすため、

保育士さんが常駐しており、
おもちゃや絵本がいっぱいあって、

育児相談に乗ってくれたり、
様々な親子イベントをやってくれたり、
おやつを出してくれたり、

とにかく子供の遊び場を求め日々を闘う、
ママたちのベースキャンプなのであります。

支援センターいいよ!とAママとKママから
すすめられたので、さっそく調べて突撃。


まず一日目は、職場の近くにあるP支援センター。
民家を改装した二階建のおうちの中に、
たっくさんの子供たちが遊んでいました。

入るとすぐ、保育士さんが「初めてですか?!」と飛んできて
名札をつくってくれて、あれこれ丁寧に説明してくれ

そうこうしていたら「たいそう」の時間になり、
初めて出逢うたくさんのお友達と共に、
エビカニビクス。

保育士さは積極的に私の話を聞いて下さり
あ~久しぶりに、両親以外の人と世間話、したっ!

キコは目をまんまるにしてきょろきょろ。
お母さんたちのランチコーナーに混ざって
キコにミルクをやり、1時間ほど滞在して退出。



つづいて二日目の本日は、家の近くのA支援センター。
ここはお昼休みがある時間割で、
到着したが、30分後に午前の部は終了とのこと。

ここは保育園の敷地内にあり、
ちょうど「夏祭りウィーク」だということで、
みんなで盆踊り(新潟甚句とアンパンマン音頭)を。

キコの足形をとってウチワをつくってくれたり、
水ヨーヨーをくれたり、楽しく遊びました(私が。)



こんなセンターがあるんだね!
もう、こう要求が多くなってくると、
家に二人でいるの、無理だもん。
よし、利用しよう。

行くと毎回もらえる、シールを溜めよう。

image


子供が出来てから、本当に、
行政ってこんなに色々なサービスを提供してくれているのか、
子育てをこんなに手伝って支えてくれるのか、

と感じることが多いのです。



ここに使われていたのだね、
血税よ。



nanaibashi at 20:43|PermalinkComments(0)いくじかんけい 

July 10, 2017

託児所デビュー

本日、社長は満8ヶ月になりました。



image


スプーンでキメて、記念撮影。


昨日、東区市民劇団のミーティングがあったため、
社長をまた実家に預けて行こう…と思ったのですが、
あまりに連日の赤ん坊の襲来に両親も疲弊気味だったので、

「ためしに一度、業者に預けてみてはどうかな?」

と思い立ち、結婚式の時に出張シッターさんを
お願いした、POPOハウスさんに連絡。

土日でもOKなのがありがたく、予約完了。
しかも、劇団のミーティングがある建物に隣接している。
送迎の時間のロスが無い!!

ということで、試しに2時間半、預けてみることに。


もちろん何も知らない社長は、
保育士さんにだっこされるとポカン顔。

しかし、手続きをしている間に、
状況が分かってきたのか、ギャン泣き。
烈火の如し。

しかたない。
試練である。
堪えるのだ、娘よ。

「ごめんね!ごめんね」といいつつ
集合時間も迫っていたのでサッサと退出。
背中に断末魔の叫びを聞きつつミーティングへ。


そして、気になりながらも、無事に仕事を終え、
2時間半後に迎えに行くと

お昼寝もして、ミルクも飲み、抱っこしてもらって
「ケロ」っとした顔で待っていました。

お…なんか、大人になったかも。




そして、良かったのは、私のほう。

ちょっと離れてみることで、
一緒にいる時間くらいは一生懸命お世話しよう、
という気持ちになり、昨日の夜は
ことさら丁寧に接してあげることができました。

もちろん、いつも一生懸命やっているつもりです!
でも、ずっと一緒だと、どうしても何かをしながら
相手をすることが多くなり、
その気持ちの状態がスタンダードになっていく。

気がする。


手伝ってくれる人はたくさんいるし、
色々な受け皿が用意されているので


使ってみよう!!!
あたらしい発見があるのかも。


2017-07-09-19-49-32



nanaibashi at 11:37|PermalinkComments(0)いくじかんけい 

July 07, 2017

休む暇なし

のんびりと離乳食やっています。

おかゆから始めて、早ひと月ちょっと。
にんじん、かぼちゃ、ブロッコリー、
小松菜、じゃがいも、さつまいも、
バナナ、すいか、さかな、ヨーグルトまで

かなりグルメになってきました。

ここまでほとんどキューピーの味で育っております。
美味しいんだもんね。



それにしても、、、

なんだか人間化が著しく、
ほっておくと、さみしんぼで
泣くようになりました。
おかげで母ちゃんは一日中、何もできません。

少しの間だったら
DVDで英語の勉強をしたり

2017-07-03-10-51-24
※英語の歌を聞かせています。
 横着してバイリンガルになったら儲けもの。


もしくは部屋をアスレチック化して、
探検ごっこで一人で遊んでもらっていますが、

image



すぐ、飽きちゃうのよねー。
いつ呼ばれるか分からないので、
やりたいこと何もできないよ。

前後関係を何も考えないハイスピードで
このブログも更新中!
意味不明でオチがないけどすみません!


いやー、大変だ。
日に日に運動能力が上がってくるしな。

「これを与えておけば、母は
一日ハンズフリーでも大丈夫!」
なんていうアイテム、ないんですね。

だいたい、1アイテムにつき3分くらいしか、
集中力がもたないのです。

何か与えたとたんに3分間のカウントダウンを
スタートされている気分です。
その3分の間に、家事をやる。

image
※1日に3周くらいする定番アイテムたち。
 すべて、いただきもの。感謝。


アイテムはまったく「おもちゃ」である必要はなく
ビニール袋だったり、紙袋だったり、リモコンだったりで
間に合うわけではあるのですが、
どのアイテムが何分稼いでくれるかは、社長次第。


単純計算で、1時間で20アイテム必要ですが
そんなにつぎからつぎに、間断なく新アイテムを
与え続けることは不可能で、
たいてい3分を使いはたして泣かれます。

泣かれると、ご機嫌をとるのに10分くらいかかり
また新しいアイテムを与えて様子を見て
お、いける、、、と家事に戻る。


これの繰り返し。


あまりにも思い通りにタスクが進まないと、
さすがの私もストレスが溜まりそうになるので

午前中でどうにかこうにか家事を終わらせて、
午後はベビーカーでお出掛けするか、
実家に逃げ込んでいます。

2017-07-01-13-39-53

高齢のシッターさんがふたり。

最近じゃたいてい午後は毎日、駆け込み寺へ。
助かっております。


家にいるからといって、
専業主婦の気持ちでいるといけないんですね。
主婦である時間は2割、
のこり8割は保育園だと思わないと。


もちろん楽しくて可愛いのだけれど、ね。


image

ジョイントマット、鋭意破壊中。

nanaibashi at 11:07|PermalinkComments(0)いくじかんけい 
::::最近のコメ::::