September 11, 2017

ばあちゃんち解体工事着工

9月11日、本日
ばあちゃんちの解体工事が始まりました。

頭では仕方ないと割り切っていても
涙が溢れる日。

2017-09-10-09-50-26


ただ消えてゆくことがいたたまれず、
少しでも誰かの記憶に残るように、
ひとつでも家財を捨てずに済むように考え

7月にFacebookで、まだ使える家具などの
ガレージセールをやった結果、
8名の方が家具の里親になってくださり、
熊本や佐渡、魚沼など様々な場所へ運ばれ
再び活躍の機会をいただきました。

お茶道具は某ご夫妻の元へ。
風呂場の扉は某先生の事務所の扉に。

引き取り手は市内の方が多かったので、
このひと月、毎日誰か彼か、物を取りに訪れて
久々に賑やかにしてくださり
古民家を見学して「懐かしい造り」と喜んでくださり
家との別れを惜しんでくれました。

その中に「撮影中の映画のセットに使いたい、、」
と本棚を引き取りに来てくれた映画の美術さんがいて

余りに古くて味のある家に感激し、
監督さんに猛アピールしてくださったのです。


そして最後の2日で奇跡が…

映画監督さんが噂を聞きつけ
たくさんあった着物や小物はもちろん

「このガラスはもう生産できない貴重なもの」
と言って年代物の窓ガラスや障子や襖、
玄関の扉に門の格子戸に至るまで

いつか映画に使いたいと、なんとすべて外して
2tトラック2台分(!)もらってくださいました。

残ったのは、柱と庭木くらい。
移築と言ってもいいくらい。

2017-09-10-16-22-28


最後はスタッフの方々が一緒に掃除をしてくれ
あばら家だと言うのに敬意を表して
最後の時を迎えるために整然として下さいました。


扉という扉、窓という窓がなくなり、
京都の茶室のような風情になった祖母の家。

2017-09-10-18-24-46


誰よりも幸せな最後を迎えることができました。
皆様に感謝を申し上げます。

2017-09-10-16-22-40


最後は両親とキコと4人で、
お神酒を撒いて、感謝の挨拶。
祖母の家は、たくさんの人の心の中に、
移築されました。


日本家屋は木造であり、
木の命には終わりが来る。

日本人の諸行無常の生死観は、
きっと木の文化が生んだもの。
終わりがあるから、美しい。

あの素敵な家に集った時間をいつまでも忘れません。



はなむけにムービーを作りました。

80年間、ありがとう。

こちらで大きく見られます。




さて、家は先に無くなるけど、
主である祖母はまだ元気。

ちゃんと大切にしないとね。
明日はホームに顔をだそう。



コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
::::最近のコメ::::